初心者でも簡単 EA (FX自動売買)  MT4 導入方法

FX
Pocket

MT4にEAを導入していく

早速EAをMT4に導入する方法について順を追って説明していきます。
(今回は前回記事で解説しましたXMでの例に進めていきます。)

まずは利用したいEAのファイルをダウンロードして下さい。
(ファイル名 「○○○○.ex4」)




次にMT4の赤枠『ファイル』をクリックします。




ファイル内の『データフォルダを開く』をクリックします。







『データフォルダを開く』で開いたフォルダの

『MQL4』→『Experts』の順にクリックします。


先程ダウンロードしたEAファイルを開いたフォルダの『Experts』に入れればひとまず完了です。


次にMT4に反映する為に更新するか再起動して下さい。





赤丸の「ナビゲーター」をクリックします。

ナビゲーター内の「エキスパートアドバイザ」を右クリックします。

エキスパートアドバイザの中に先程のダウンロードしたEAが反映されてましたら、

しっかりとMT4にEAが導入されております。


EAをチャートに設置する

次にEAの設置方法の説明に移ります。


例として今回はドル円にEAセットするとします。



まず赤丸箇所をクリックして該当する通貨のチャート表示します。


ドル円をクリックして、MT4にドル円のチャートを表示します。





赤枠の「自動売買」を画像の通りクリックして「自動売買可能」にします。


EAに対応している時間足を選択して、


設置したいEAをチャート上にドラッグ&ドロップします。


設置が成功すると チャート右上に顔のマークが出てきますので


顔がスマイルになっていれば自動売買が可能な状態です。


メニューの「ツール」→「オプション」の「エキスパートアドバイザ」タブ内にある
「自動売買を許可する」のチェック項目は、
ツールバーにある自動売買のボタンと連動しています。


上記流れで非常に簡単ですが、

EAのセッティングはこれだけで完了されておりますので、

既に自動売買はスタートされております。


以上でEA (FX自動売買)  MT4 導入方法となります。

次に必須と言える『VPS』について解説します。


EAを利用するのに必須のVPSについて


EAをセットしたはいいが、


EAを可動する為にパソコンをずっとつけっぱなしにしなくてはならないの?
という疑問が出てきますが、答えは勿論はYESです。



EAの性能はまずはバックテストを行う事により、性能の良しあし・特徴を事前にある程度把握出来ます。


そのバックテストは勿論休む暇なく24時間動いている状況をテストされた結果になりますので、

個人の判断でEAを可動したり停止したりすることはテストの結果から段々と乖離していく事になりますので、

運の要素が大きくなってきてしまいます。


ですが、パソコンを365日24時間、停電や人為的なミス等様々なトラブルを回避しつつ、電源をつけたままにするのは現実的に難しいですが、


それを現実に可能とするのが、

『VPS』というサービスになります。


VPSを利用する事でパソコンを365日24時間電源をつけっぱなしにする事が可能で、
上記問題はクリアされます。


VPSとは

簡単に説明しますと仮想空間に自分のパソコンを1台設置すると想像頂ければと思います。

仮想空間上にパソコンが設置されますので、
自宅等で使用しているパソコンの電源が切れていても、
VPS上のパソコンは常に365日24時間可動されています。



VPSに接続すればVPS上の可動内容も確認出来ます。


VPS側のトラブル等が無い限りは勝手に電源が落ちたりする事はありませんので、
EAをVPSで可動すれば365日24時間実働している事になります。

各社容量・値段に違いが御座いますが、

お勧めするのが、

業界大手である『お名前.com』が提供しているお名前.com デスクトップクラウドは、

MT4に特化したFX専用のVPSであり、

通常VPSを利用になると設定等が難しいですが、
デスクトップを利用する事に特化し、
カスタマイズがされてるため、

サーバーの知識がない方でも設置方法も非常に簡単で、

サポート(お問い合わせは24時間365日可能)も徹底されており、

EA利用する方にはかなり強力な味方となっております。

ホームページでは他者比較もされておりますので、

選ぶ際にも役経ちます。


EAを可動する為には必須となるツールになりますので、

EAを検討されている方は是非確認することをオススメ致します!


FX専用VPSであるお名前.com デスクトップクラウド  for MT4
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑クリックするとホームページにいけます↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


コメント

タイトルとURLをコピーしました